スタッフブログ

  • スタッフブログスタッフブログ

はるまついぶき

2011.03.31

こんにちは。カフェ好きのタダです。

今日はカフェのお話はしませんよ。ご安心ください。

先月の初めに、ある学園にお邪魔してきました。

学校法人 シュタイナー学園 初等部・中等部です。

相模原市にあるこちらの学園は、日本で初めて国から認定を受けた学校。

そそしてまず目に飛び込んできたのは、新校舎の左官屋さんの力作。

グラデーションになっているのです!すごいー

シュタイナーといえば、リボスの理念に深い関係のある学者さんですよね。

イケダコーポレーションで扱っているリボス塗料は、哲学者ルドルフ・シュタイナーの色彩学にもとづいて作られた自然塗料です。

たとえばカルデット(内装用塗料)ひとつをとっても、色合いは、すべてシュタイナー色彩学に基づいて決まっているわけです。カルクウォールの 顔料 ウラもそうです。

こちらの教室は特別教室。(ちなみにシュタイナー教育は1年生~9年生まであります)の教室。特別に写真の許可を頂きました。

こんな教室で授業が出来たら、感受性が育ちそう。

「子供の内に、美しさの中で学ぶ喜びや感情、人と環境とのあたたかいつながりを育てる」というシュタイナー教育。

見学させていただいている最中、「子供の個性をのばす」という言葉をたくさん聞きました。

木と塗り壁と色彩。そしてこんな教育理念。

素敵だなあ、と思いました。

そろそろ暖かくなってきましたね。

教室の隅に、素敵なお花がたくさんありました。

春は、すぐそこです。

rss feed