スタッフブログ

  • スタッフブログスタッフブログ

素材のエイジング

2011.10.14

棚が欲しいなぁ~ 

イベントでも自宅でも使える棚が欲しいなぁ~

と思っていたらばウエノさん(クリック)が・・・

「そろそろ来ることだと思っていたよ」

「君が今、求めているのはこいつだろ」

といって杉でできた立派な棚を作ってくれていました

たばた「すっげぇズラ!すっげぇズラ!立派な棚だズラ!」

たばた「そんな立派な棚を・・・ん”-!ん”-!ん”-!」

素材自体を古く見せる「素材のエイジング」をするズラ

よくエイジング(古く見せる加工)では白の塗りつぶしの塗料を塗ってやすりで削ってってのがありがちズラが

僕がやるエイジングは素材を活かす自然塗料を使うので、塗料が塗ったときこの素材の表情がノスタルジックに美しく見える方法を考えて塗料の色の配合とか色の配合とか考えるズラ

人間で言えば、塗料エイジングはお化粧 素材エイジングは整形手術 といった感じズラ

素材に手を加えるからこそ、ひと手間をかけた塗料のエイジングがいきると思うんだズラ

たとえばこの写真のっ・・・あっダメだ。これじゃあ杉ならでは表情が写ってないズラ! この写真の杉板の加工をすると杉の赤みの部分だけが黒くなり、さらにその周りが時間が経つとやや緑がかった黄色になり、水拭きすると黒い部分と白い部分が良い感じの高級感を醸し出すのにぃぃぃい!

ということで木はとても奥深いですね

クラフトマンたばた

rss feed