スタッフブログ

  • スタッフブログスタッフブログ

引き継がれる想い…

2011.10.31

名古屋営業所 スナイパーいばです。

先日東京へ行かせて頂く機会がありました。

田舎者の僕は、品川駅で新幹線から乗り換える際、改札で切符を取り忘れるという

凡ミスをやらかしてしまい、駅から出られなくなるという失態を犯してしまいました。

ちくせぅ!僕のおバカ!!おたんこナース!!!このすっとこどっこいの頑張り屋!!!

そんなミスをやらかしながらも「これだから東京は危険だぜぇ…」と気持ち悪く浮かれている僕は㈱イケダコーポレーション 東京営業所へ向かいました。

「さすが東京のショールームはオシャレだなぁ…」

「小物も置いてあって、名古屋も見習わねば!」

そんな感じで感心していると…

  …ん?? 

 …んん!?物陰に隠れるその姿!!あのオシャレメガネは間違   いなく奴だ!!クラフトマン!ヘイヘーイ、クラフトマン!僕だよ!

名古屋のスナイパーが東京へ来たんだよ~!!って、ネクタイなんて締めて、貴様それでもクラフトマンか!!!見損なったぞ!…って、あれぇ!!!!???

ネ、ネ、ネ、メクタイピンがハンマー!!!ドヒャー!!なんだこの

表現力!まさにアイデンティティー!!自我丸出し!!!

貪欲!貪欲だよぅ!自己ピーアールの仕方が恐ろしいよぅ!!

さすがクラフトマン、想像の更に上をいくパフォーマンス…やはり彼はいい刺激になります。そんなこんなで、最近僕はネクタイを付けずに
このループタイを付けてお仕事をさせて頂いてます。このループタイは僕のおじいちゃんが身につけていたものです。おじいちゃんの家の古いアルバムを見ると、結構若い時から身につけていたようです。おばあちゃんとのデートの時、まだお父さんがちびっこで抱っこされている時、おじいちゃんの大切な思い出に残された瞬間には、いつもこいつが一緒でした。ずっとおじいちゃんを見守ってくれていたのでしょう。そんなおじいちゃんも僕が中学1年の時に亡くなり、みんなで遺品を整理している時こいつが現れました。なぜか僕はこいつに惹かれました。家族の中でも僕だけが。。たくさんの想いが詰まったこいつの波長と僕の波長がぴったり合ったのかもしれません。おばあちゃんにお願いしてこいつだけ譲り受けました。それからしばらく宝物入れの中に入れっぱなしだったのですが、最近身につけるようになりました。このループタイをしていると、何故か温かい気持ちになれます。不思議と素敵なご縁を頂けます。ふと、おじいちゃんが見ていてくれてるのかな?と思う時が多々あります。他の人から見れば「古いデザイン」「お年寄りっぽい」と思われるかもしれない、鑑定しても価値がつかないかもしれない、でも僕にとってこいつはおじいちゃんの思い出がたくさん詰まった宝物です。僕が身につけなくなったら、僕の子供や孫に使ってほしいと思うものです。そうやって、大切にされて想いがたくさん詰まったループタイは、いずれ本物のアンティークになって、価値がつけられないものになっていくんだろうと思います。そんなループタイにしてやりたいと思います。だからこいつはあの時僕を選んでくれたのかなぁと最近思うようになりました。「ご縁」は決して「人」とだけでななく、「物」とも繋がれるんだなぁと思います。100年かけて石に戻るカルクウォールも、世代を超えて愛されるものです。後世まで残るもの、それが本当の意味で価値あるものになるのではないでしょうか?そして、後世まで残す為には、使い手の「想い」も大切なんだなぁと改めて気づきました。

最近ループタイ集めにはまっている名古屋営業所 スナイパーいば

rss feed