スタッフブログ

  • スタッフブログスタッフブログ

軽井沢パッシブハウス

2012.08.04

高性能トリプル木製サッシタカハシタロウです。
軽井沢パッシブハウスを見学してきました!
さすがにこの季節は涼しくて東京のうだる暑さとはうそのように過ごしやすい気候でした。
夏場はエアコン要らずで大きな窓を開放すれば心地よい風が抜けます。
しかし冬ともなると標高1000㎡のこの地域の寒さは-15℃にもなり札幌並みの厳しさのようです。
だから寒さ対策が中心で壁の断熱は280mm、屋根は600mm、サッシにいたってはトリプル木製サッシでサッシ内部にも断熱機構を持たせた超高性能サッシを採用しています。冬は薪ストーブ一台で家中暖かく、太陽光パネルをつけたため完全なプラスエネルギーハウスになっているとのことです。
でも僕が一番感動したのはデザイン性です。1階LDK2階廊下トイレ
すっきりシンプルに見せたいという設計の勝浦氏の言うように余計なものがないのです!
幅木もなし、ドア枠もなし。余計なものを極力なくしています。
だからカルクウォールのドア周りの納まりもすっきりしていて、こういう使い方もあるのだなと学ばせてもらいました。
色使いも二階の廊下天井に灼褐色のスイスローム(残念ながら販売終了しました)。トイレの奥壁と天井にグリーンとアクセントを効かせています。

ドア枠無しの納まり

ドア枠無しの納まり

どんなに高性能の家でも住んでいて楽しくない家はいやですね。できることなら性能も良くてオシャレで住んでいて楽しいこんな家に住みたいものです。

rss feed